Home

爪が割れやすい原因は栄養不足

爪が割れる原因ネイルアートは指先のオシャレとして、多くの女性の楽しみの一つかもしれません。しかし、一方で爪には割れたりするトラブルがあることも事実です。爪が割れてしまっては、せっかくのネイルアートも台無しですし、対処にも困ってしまいますね。

ところで、爪の正体って何か分かりますか。爪は皮膚と同じ角質が固まって、層状になってできているのです。ですから、爪にも体と同じように栄養状態があらわれるものなのです。もしも爪が割れる以外にスジが入っていたり、表面が荒れているなら健康そのものにも注意が必要です。

では、どんな栄養素が爪に影響するのでしょうか。まずはたんぱく質です。爪はほとんどがケラチンというたんぱく質の成分でできています。直接たんぱく質をとるなら豆腐などの大豆製品がよいでしょう。外から摂るだけでなく、内側からたんぱく質を生成するのにはビタミン類もよく摂りましょう。

また亜鉛もたんぱく質の合成に必要です。不足すると爪の成長の妨げや割れの原因になったりします。さらに、ケイ素という成分は組織をつなぐ役割をします。これはほうれん草やレバーなどに含まれます。摂ることで爪割れの他、肌のたるみや抜け毛も防げます。

バランスの良い食事を心がけるだけで、爪割れの改善にもなります。

爪が割れてしまったときの対処の方法

爪が割れた時の対処法何か指先が引っかかるなと思ったら爪が割れていた、なんていうことはありませんか。爪が割れたまま放っておくと、衣服に引っかかったり、亀裂が深くなって出血したりと、周りにも体にも良くありません。

爪が割れてしまったときは、自分で簡単に対処する方法があります。用意するのはエタノールとネイルグルーとティッシュペーパーです。ネイルグルーは爪用の接着剤ですが、なければ瞬間接着剤でも大丈夫です。

エタノールは最初に爪の消毒をし、余計な油分をとることで接着を良くするためのものなので、外出先などで手に入らない場合は最初に良く手を洗ってください。

ティッシュペーパーは爪の亀裂の幅を覆うぐらいの大きさにちぎります。次に爪の上にペーパーをあて、上から接着剤でくっつけます。作業中は接着剤に直接触れないように気をつけてください。

さらに乾燥したらもう一度上から接着剤を重ねて塗ります。こうすることで強度が増します。もしも時間がなければこれだけでも十分です。時間ができたら爪やすりで削って、はみ出たティッシュペーパーや接着剤の処理をしましょう。二度塗っているので十分固くなっています。

また、表面もみがいて凹凸をとると良いでしょう。